スポンサードリンク

ご祝儀の金額の相場、ご祝儀袋のマナー

●結婚式のマナーについて●

結婚式にもたくさんマナーがありますが、
ご祝儀のマナーについて、ご紹介いたします。

〜『ご祝儀』のマナーについて〜



ご祝儀の金額の相場のマナー

ご祝儀には、お札は新札を用意します。

包む金額は、「割れる=別れる」という事に繋がらない様に、
2で割り切れる数字を避けます。
ただし、「8」は末広がりの意味があるという事で大丈夫。
また「2」もペアという意味があるので大丈夫です。


兄弟など近い関係ほどご祝儀を包む金額高くなるのは当然で、
結婚式のご祝儀の金額の相場はありますが、
何よりも心からお祝いするというのが大切です。

結婚式に出席する場合のご祝儀の金額の相場は、
関係やつきあいの度合いにもよりますが、
友人、知人なら2万円〜3万円、親類なら5万円、
兄弟なら5〜10万円が一般的な相場です。



ご祝儀袋のマナー

結婚式のご祝儀袋
金額にふさわしいグレードのものを選びましょう。
包む金額とのバランスが大切です。

会費制の場合は、受付で会費をそのまま、
もしくは簡単なのし封筒に入れて渡すようにします。
ただし、新札でおつりのないように準備していきましょう。

結婚式のご祝儀袋は、白地でのし付きのもの、
水引は紅白や金銀の、
結び目がほどけない「結び切り」のものを準備します。
「ほどける」で縁起が悪い水引が蝶結びの袋はいけません。

ご祝儀袋の書き方は、表書きは「寿」または「御祝」が正式。
水引の上部中央に書き、水引の下部中央に氏名を
フルネームで記入します。
書く際は、筆ペンや濃い墨の筆で丁寧に書きます。
万年筆やボールペンはマナー違反です。


ご祝儀袋の外袋は、
お祝い事の場合はまず上を折ってから下を折るようにします。
逆にしてしまうと不幸事の折り方になってしまいますので、
注意しましょう。

ご祝儀袋の内袋の表側には金額を記入します。
金額は表側の中央に縦書きで書きます。
金額を記入する場合は、「旧字体」で書くのが
正式マナーですが、略式で書いても構いません。
「金○○円也」という書き方をする方も多いかと思いますが、
「也(なり)」を付けるのは、
一般的に10万円以上の高額な金額を
ご祝儀として渡す場合に使用します。

内袋の裏側には住所と氏名を書きます。



ご祝儀袋と袱紗(ふくさ)のマナー

当日は御祝儀を袱紗(ふくさ)につつんで持参します。
ご祝儀を汚さない」という意味でも、袱紗に包み、
むき出しのまま持って行かないようにしましょう。

フクサは結婚式などのお祝い事以外に、
弔事などのお悔やみ事でも使いますが、
結婚式などのお祝い事では、「赤色」や「紫色」などの
赤系統のものを使用します。
紫色ならお祝い事、お悔やみ事の両方で使用できます。


袱紗(フクサ)の包み方・・・
慶事では右包みで。
ご祝儀袋を中央に置き、まず左側をかぶせるようにおり、
上側、下側を折り重ねます。
右側を折り重ねて端を左側に巻き込んでくるみます。
posted by ご祝儀の金額の相場、ご祝儀袋のマナー at 19:07 | ご祝儀の金額の相場、ご祝儀袋のマナー
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。